こんにちはwakahageです。

 

植毛が医療費控除の対象になるのかを徹底検証しました。

実際に高額の費用なので医療費控除の対象になればかなりの額の節税になるので是が非でも通したいところですよね。

 

結論から言うとちょっと難しいというのが正直なところです。私の場合は税務署に確認しましたがダメでした。ただ担当の税務署によって見解は異なってくると思いますので、あきらめずに確認してみることをおすすめします。

医療費控除とは

医療費控除とは1月1日~12月31日までの期間の間に10万円以上の医療費の支払いがあった場合に所得から控除できる制度のことを医療費控除と言います。

 

  • (1) 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
  • (2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること(未払いの医療費は、現実に支払った年の医療費控除の対象となります。)</あli>

少し難しく書いてありますが、シンプルに言えば病院にかかった費用が10万円を超えるか超えないかだけです。

 

したがって植毛の場合は間違いなく10万円超えますので、「医療行為」として認められるかどうかが焦点になってきます。

 

美容外科は基本的に医療費の対象外

残念ながら美容外科は基本的には医療費控除の対象外となります。

 

医療費控除の対象外

  • 容姿を美化する為に行った美容整形の手術
  • 健康診断の費用
  • 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場代 etc.

 ※引用全日本理容師保険組合

 

 

このように容姿を美化するために行った美容整形の手術として判断されれば、医療費として認められないため医療費控除の対象外になります。

基本的に健康保険の対象になるかどうかで判断が付くと思っていいと思います。

 

フィナステリドやミノキシジルも保険の対象外

残念ながら多くの場合でAGA治療は保険の適用外になります。その為、フィナステリドやミノキシジルも自費での購入となるため比較的高額の費用になっています。

 

このAGAというのは病気の一種ではなく、加齢による生理現象の一種として捉えられてるんですね。

 

ですので、フィナステリドやミノキシジルも病気による脱毛以外の場合には医療費控除は受けられません。

 

植毛の医療費控除も受けられない?

今までの説明でわかるように基本的に植毛も病気の治癒を目的としてモノではなく容姿の美化のための美容整形手術として捉えられることがほとんどです。

私の管轄の税務署でもこの見解を出しており、私は医療費控除は受けられませんでした。

 

とはいえどの税務署も必ずこの見解に立つわけではないので、いかに植毛手術を受けないと自分の精神的な問題が続くかかということを熱く説明できればこの限りではないかもしれません。

また円形脱毛症や瘢痕性脱毛症など明らかな病気であることが明確であればあるほど医療費控除の申請は通りやすくなると思います。

 

正直わたしの立場で言わせればAGAは明らかに病気だと思うんですけどね。ここが認められないというのは非常に残念ですね。

 

とりあえず医療費控除申請してみる

 

結論として出すのはなんなんですが、医療費として認められた場合はかなりの額の節税になりますので単純にあきらめるにはもったいないです。

税務署が無理だよと言えば、諦めるしかないんですが通った場合のメリットが大きいのでとりあえずは税務署に確認して医療費控除の申請をしてみることをおすすめします。

 

通った場合には非常に大きな額の節税になるので、植毛費用の少しでも穴埋めになりますので「とりあえず申請して通ったらラッキー」くらいに思いながら申請することをおすすめします。