こんにちはwakahageです。

 

デュタステリドとはそもそもなんだ?というところから、フィナステリドとの違いについて徹底的に解説していきたいと思います。

AGA対策にはおいては、フィナステリドか今回紹介するデュタステリドが必須なので必ず覚えておいてくださいね。

 

デュタステリドとは

デュタステリドとは成分名で商品名はザガーロと言います

 

同じような薬ではフィナステリドが成分名で商品名はプロペシアでしたね。

 

ザガーロはプロペシアと同じく前立腺癌の治療薬として発売された医薬品(アボルブ)ですが、プロペシアより優れた効果があるということで、薄毛治療薬として開発され、ザガーロの商品名で日本でも2015年より発売されています。

ザガーロはプロペシアと似た効果がある薬だと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

フィナステリドとの違いについて

デュタステリドはフィナステリドと同じくAGAに対する防止効果がある薬です。そもそもAGAが何故起きるのかを説明します。

男性ホルモン(テストステロン)が毛母細胞の5α-リダクターゼ(Ⅰ型・Ⅱ型)という酵素によって、活性型のジヒドロテストステロン(DHT)に代わり、これが頭髪の成長を抑制するためとされています。

                                               引用ヨコ美クリニック

 

上記の5a-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、それぞれが男性ホルモンと作用してDHTになりAGAの原因となっております。

フィナステリドは5a-リダクターゼのうちⅡ型を抑える効力があります。Ⅱ型の方が効力が大きいのでそれでも多くの薄毛を改善できていました。しかし、デュタステリドはⅠ型、Ⅱ型ともに抑える効力があり、今までフィナステリドで十分に改善できなかったものを改善できるようになるのではないかと期待されています。

 

臨床試験の厳しい米国FDAの審査にも通り、名実ともに薄毛治療の必須薬ともいえる薬になりました。

 

フィナステリドとどちらが効果的なのか

ザガーロを発売しているグラクソスミスクラインのHPを見ると、臨床結果が載っていました

グラフは24週時の臨床結果をまとめたものですが、ザガーロの方が効果的という判断ができそうです。

 

またこちらは24週時の前頭部、後頭部の毛髪の変化量です。

デュタステリド0.5mgの場合はいずれもフィナステリド上回っているといえそうです。

 

以上の臨床結果だけで見ると、フィナステリドより強い効果が期待できるといっていいでしょう。

ただ、長年使われていたフィナステリドと違って、近年発売された新薬であるため予期せぬ副作用などが起こり得る可能性や使用期間によって変化が起こりうる可能性のあるため、よく注意しながら使用する必要がありそうです。

 

またデュタステリドがフィナステリドより効果が低いという意見はないものの、言われているほどフィナステリドとの差はないという意見も根強くあります。

そのため、副作用とのリスクを踏まえるとフィナステリドを継続服用することをすすめられこともあります。

 

 

デュタステリドの入手方法は

そのためまったく同じ薬である、アボルブ(前立腺癌の治療薬でザガーロの前身ともいえる薬)の後発医薬品を輸入する方法があります。

 

しかし、上記でも言ったように新薬であるため、予期せぬ問題が発生する可能性も踏まえると個人輸入というのはあまりおすすめできません。

個人輸入で購入する場合は、下記で購入するのが最安かと思います。

デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg

 

個人的には取り扱ってるクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

 

デュタステリドはミノキシジルと併用可能か

デュタステリド製品はミノキシジルと併用可能です。というよりも併用しないと発毛効果を満足に得られない可能性があります。

AGA対策の薬=フィナステリド、デュタステリド

発毛の薬=ミノキシジル

 

こういった構図になっているので、デュタステリド自体はフィナステリドと同じで発毛を促進させる効果があるものではありませんので、注意してください。

 

当然のことながらフィナステリドと併用は危険なのでやめてください。フィナステリドかディタステリドの一方のみの使用が可能です。

 

 

デュタステリドの副作用は

 

デュタステリドの副作用として挙げられているもののうち主な副作用は

  • 勃起不全
  • リビドー減少
  • 肝機能障害

等が挙げられます。これらに関しては比較的多めの副作用報告が上がっているみたいですが全体の1割程度が副作用の報告が上がっているとのことです。ただ、リビドー現状などは思い込みによるところも大きいと推測されます。

これらに関してもほとんど、フィナステリドと同じような感じですね。ハゲ以上に重要な副作用は個人的な感じとしてはなさそうです。

 

ただし、女性は絶対飲んではいけないので注意してください。

 

フィナステリドと比較しても体内に残る血中濃度は長いとのことなので、フィナステリド以上に飲んではいけない成分になっているはずです。

 

まとめ

 

  • デュタステリドは絶対に女性は飲んではいけない
  • 抜け毛予防効果がありAGA対策に必須(フィナステリドかこちらか)
  • 副作用の報告はフィナステリドと似た内容だが発生報告は多い
  • 個人輸入かAGAクリニックで処方してもらう(AGAクリニックがおすすめ)
  • ミノキシジルとの併用がおすすめ
  • フィナステリドとの差は僅かしかないというのが、今の時点での報告

 

だいたいこんな感じでしょうか。

まだ処方がはじまったのが最近なので、これからどんどん改善例や副作用の報告が上がってくるかもしれません。

 

現時点で私の判断としては副作用の報告とフィナステリドとの差がほとんどない報告があることからフィナステリドを継続服用しています。ただし、デュタステリドの方が抜け毛予防効果が低いという報告はないことからデュタステリドを飲んでいて悪いということはないと思います。

 

私も今後のデータ次第で切り替えていこうかなと思案中です。

 

一つ言えるのは育毛剤と違って、世界的にも発売されている重要な薬であるということです。