こんにちはwakahageです。

今更ですが、植毛後にできるかさぶたについてどれくらいの期間で取れるのかということを解説していこうと思います。

 

 

植毛をやる上で欠かせないのがこのかさぶた問題で目立つ上に、ちょっと気味が悪いで敬遠しがちですが、自毛植毛をやる上ではしっかりと理解しておけばそれほど怖い問題ではないということが分かります。

 

 

自毛植毛をしたら確実にかさぶたはできるのか?

自毛植毛後に必ずかさぶたが出来るのかと言えば確実ではありません。

 

実際私wakahageの場合はほとんどかさぶたはできませんでした。

こちらは手術7日目の画像ですがかさぶたというのはほとんどできておらず、植えた毛が生えているだけなのが分かると思います。

 

通常の場合だとかさぶたがもっと白っぽくできるのですが、私の場合は体質の問題なのか医師の技術が良かったのか(恐らくこっちだと思います)かさぶたはできませんでした。

 

もともと手術前のカウンセリング時に聞いたところ、湘南美容クリニック長井先生の手術の場合だとかさぶたができない確率が結構な確率であるということを聞いていました。

 

 

かさぶたを作りたくないっていう人は湘南美容クリニック福岡院の長井先生に手術してもらうのがおすすめです。確実とは言えませんが、かさぶたができない確率は高くなると思います。

 

 

 

かさぶたの取れる期間

自毛植毛後に出来たかさぶたの場合は、だいたい2週間から10日の間にかさぶたは採れてなくなると言われています。

 

私の実体験ではかさぶたができなかったので、実体験で言えないのが残念なところですが、多くの医師が2週間~10日程度といっているので恐らく間違いないでしょう。

 

かさぶたが取れるまでの期間にも個人差がありますが、早い人では術後10日前後くらいで取れ始め、遅い人では約2週間後になる場合もあります

※引用親和クリニック

カサブタが完全に取れるまでの期間は10日、遅くても2週間です。

引用※ヨコ美なんでも相談室

 

このように多くの医師が10日~2週間と言ってますので、それまでの間は我慢する必要があるようですね。

 

かさぶたとの上手な付き合い方

かさぶたには既存毛や植えた毛がくっついてるため、無理やりはがしてはいけません。

ここら辺の説明はしっかりクリニックで行われますが、絶対に無理矢理かさぶたをとるという行動はしないように注意してください。

 

かさぶたをなるべくできなくする、早く終わらせるための方法は2つです。

 

 

こまめに水分をあてる

 

毎日しっかりシャワーを浴びる

 

これらの2つが重要になってきます。

 

特にこまめに水分をかさぶたの部分に充てることは非常に有効です。

 

霧吹きを2~3時間に1度程度あてると効果的です。もしくは水を吸わせた綿棒で軽く触るなどかさぶたの部分に水分を補給させることが重要です。

 

 

あとはシャワーをしっかり浴びて、指の腹でなでるようにしっかりと洗うことが重要です。最初は移植毛が取れてしまいそうで怖いと思いますが、ゴシゴシ洗うのではなく優しく洗うことでかさぶたが取れやすくなっていきます。

 

ここらへんはしっかりとクリニックの説明に沿って行うことが重要です。

 

大切なのはかさぶたができづらいクリニックを選ぶかかさぶたをしっかりと隠せる状況を作ることです。

 

かさぶたの隠し方

大切なのはかさぶたが出来ることを理解した上でかさぶたをいかに隠すかが重要になってきます。

 

かさぶたの隠し方は以下の4つです。

  • 既存毛を伸ばしておいて隠す
  • かさぶたがとれるまで休む(1週間程度)
  • スーパーミリオンヘアーなどのふりかけを使って隠す
  • 帽子を利用して隠す

 

上記の方法のいずれかになります。

 

既存毛を伸ばしておいて隠す

この写真のとおりですね。これくらい髪の毛を伸ばしておけばかさぶたができてもしっかりと前髪で隠すことができます。

 

 

まあハゲでこれだけ髪を伸ばすとスダレ状態になって、見た目は悪いですが、植毛がばれるよりはよほどいいということで私はこれくらい髪の毛を伸ばして植毛したので、周囲にばれることはまったくありませんでした。

 

これが一番現実的で誰でも植毛を隠し通せる一番良いプランだと思います。

 

ちなみにこれが植毛前日の髪の長さです。

 

これくらいを目安に伸ばしておけばまずかさぶたが周りに見えることはないかと思いますので参考にしてください。

 

 

かさぶたがとれるまで休む

これは出来る人にとっては最高のプランですね。

かさぶたが取れるまでだいたい10日~2週間ということですが、一番目立つのはかさぶたはできかけのころで、一番目立つ前頭部は1週間程度で目立たなくなるということですので、1週間程度休めば十分かと思います。

 

休むのが難しい人にとってはこのプランは現実的ではありませんが、もし休めるなら最高のプランですね。

スーパーミリオンヘアーなどのふりかえを用いて隠す

 

休むことができない人や前髪がそもそもあまりないくらい短髪にしてしまっている人で一番いい解決方法は、ふりかえを用いることです。

わたしの場合は多少心配だったのでスーパーミリオンヘアーを用意しておきました。

 

前髪が長い人や休む予定の人でも念のためスーパーミリオンヘアーを用意しておくと安心ですので植毛受ける前に購入しておいた方がいいと思います。

 

わたしは結果としては完全に隠しきれたので使用する機会はありませんでしたが、万が一の手段を用意しておくと精神的に安心できるのでおすすめですよ。

 

帽子を利用して隠す

これも職場によりますね。

帽子OKな職場なら帽子をしておけばバレル心配はありません。

 

とはいえ帽子OKな職場というのは数少ないでしょうから、現実的な解決とは言いづらいかもしれません。

 

職場がOKなら帽子をうまく活用して隠すのもありですね。

 

湘南美容クリニックで植毛を受けるとかさぶたができづらい

先ほども言いましたが湘南美容クリニックの植毛手術はかさぶたができづらい(確実ではないですよ)手術方法を用いてます。

 

その理由はマイクロブレードを利用したスリット作りにあるのです。

 

マイクロブレードを利用して0.1ミリ単位で植毛のスリットを空けていくので移植株にしっかりと合ったスリットを作成するため、血の塊であるかさぶたができづらいと言われています。

 

実際にかさぶた問題が気になる場合にはカウンセリングへいって直接説明を受けてみることをおすすめします。

 

 

 

わたしの場合はこれが植毛手術3日目ですが、血の跡こそ少しありますが、ほとんどがかさぶたになっていないことがわかると思います。

 

実際に出勤する際にはかさぶた問題のことなんて忘れていましたからね。(笑)

 

 

かさぶたをできる限り作らずに手術したいのであれば湘南美容クリニックが最もおすすめできるクリニックです。

 

 

まとめ

かさぶた問題は出来る限り回避したいものですが、自毛植毛の手術が外科的手術なのでどうしても避けれない場合があります。

 

事前に髪の毛を伸ばしておくことかスーパーミリオンヘアーなどのふりかえを用意しておくことでかさぶたで周囲にばれるということを回避することはできますので、事前に準備しておくことが非常に大切です。

 

かさぶたは湘南美容クリニックで受けることで出来る確率を減らすことはできます。私が湘南美容クリニックで受けたのも長井先生の技術に対する信頼とかさぶたができづらいということを知ったのが大きかった気がします。

 

 

かさぶた問題で植毛を受けるか迷っているようなら一度湘南美容クリニックのカウンセリングへいってみることをおすすめします。

 

⇒湘南美容クリニック公式HPでカウンセリング予約