こんにちはwakahageです。

 

今回は植毛手術がメンテナンスフリーと言われているけれどもそれが本当なのかどうかということをお伝えさせていただきたいと思います。

 

結論から言うと半分正解で半分嘘というところでしょうか。多少の維持費はかかります。

自毛植毛手術後のメンテナンスとは

FUE 1週間

一般的に自毛植毛手術は手術後には何もしなくても移植毛は生え続けると言われています。このためメンテナンスフリーと言われますが、これは本当なのかどうかということですね。

 

この話は本当で移植毛は生涯メンテナンスフリーで生え続けます。ですので、人工毛植毛やカツラと違ってメンテナンスをする必要がなく生え続けるので凄い楽であり、維持費もかかりません。

 

私が植毛後にしているメンテナンスと言えば、手術前と同じく「ミノキシジルタブレット」と「フィナステリド(フィンペシア)」を服用しているくらいです。

 

フィナステリドの服用は必須、ミノキシジルは場合によって

植毛のカウンセリングに行けば分かりますが、植毛をした移植毛はメンテナンスフリーで生え続けますが、それ以外のもともと生えてる毛はAGAの影響を受ける毛になりますので、引き続きメンテナンスは必要です。

 

メンテナンスと言っても、フィナステリドを服用することくらいですが(笑)

 

ではフィナステリドは一生服用が必要なのかと言えば答えはその通りです。植毛をしたとしても他の髪の毛はもともと生えている毛なので、フィナステリドを飲まない限りはAGAの影響を受けます。仮にここで薬を飲まなかった場合には離れ小島問題が起きる可能性もあります。

 

ではミノキシジルは続ける必要があるかと言えば、これは難しい判断です。私の場合はもともとミノキシジルを続けていて頭頂部の髪の毛が復活してきたので当然継続という判断をしておりますが、頭頂部がもともと来てない人はフィナステリドもしくはデュタステリドだけでも十分かもしれません。

 

私が頭頂部はほとんどきていないorミノキシジルをもともと使っていないという場合には恐らくミノキシジルは使用しないと思います。

 

逆に頭頂部にダメージ来ているけどまだミノキシジルを服用していないという方は使用することをおすすめします。目に見える範囲で一気に回復することが期待できます。

 

このように植毛手術後のメンテナンスとはフィナステリド(デュタステリド)とミノキシジルの併用を継続して行っていくだけですので、ほぼメンテナンスフリーといっても差し支えないと思います。

 

かかる費用は個人輸入であれば月額1000円~くらいであり、クリニックで安全に処方してもらうのであれば4000円~ですね。

 

 

 

人工毛植毛のメンテナンス費用

これは半永久的に費用が掛かると思って間違いありません。何故ならば植えた毛が抜けてきた場合に自毛植毛であれば、普通の髪の毛なのでまた生えてきますが、人工毛植毛は生えてこないからです。

また短くする際にも切ってしまえば伸びてこないので、新しく植えないといけません。

 

だいぶ前ですが、板東英二が人工毛植毛をやっているということを公表しましたね。数年間で四千二百万ほど費用が掛かっていることを公表しておりました。

 

人工毛植毛は速効性や植える本数に上限ないのが最大のメリットですが、同じようにかかる費用にも上限がありません。

もし人工毛植毛をしようと思っている人がいるのであれば、そのデメリットを最大限考慮した上で行ってください。

 

基本的には人工毛植毛は私はまったくおすすめしていません。

 

その理由は費用もそうですが、植え付けた後の皮膚の炎症も同時に起こすことが多数報告されているからです。費用、安全面の双方の理由からよっぽどの理由がない限りは人工毛植毛はするべきではありません。

 

カツラのメンテナンス費用は

こちらも一時的な費用で言えば、自毛植毛よりも大きく安いと言えますが、中長期的な目線で言えば、明らかに費用は高いと言えます。

 

ただ、人工毛植毛と違って皮膚の炎症などを起す例も少ないことから、人工毛植毛よりは勧められますが、若ければ若いほどその後の維持費がかさみますので、自毛植毛をおすすめします。カツラも定期的なメンテナンスを必要としますので、かかる費用は半永久的にかかり続けると考えて間違いありません。

 

月々2万以上はかかりますので、自動車や保険より高い買い物になるかもしれません。自毛植毛であれば、大きな手術を2回やったとしても250万~400万程度で済みますので、30歳で受ければ月々2万円で10年~20年で返し終わります。

 

こう考えると自毛植毛がメンテナンスフリーで他の増毛法に比べて圧倒的にリースナブルであり、主流になっている理由がよくわかるかと思います。

 

まとめ

 

自毛植毛⇒薬の継続使用が半永久的にかかる。月1000円程度~

人工植毛⇒人工毛の継続的なランニングコスト、皮膚の炎症などの問題あり

カツラ⇒月々のランニングコストがカツラをやめるまで半永久的にかかる。月2万~

 

それぞれをまとめるとこんな感じになります。こう考えるといかに自毛植毛が優れた手術方法であり、費用が安いかということがよくわかります。

 

ただし、自毛植毛をする上でもフィナステリド、デュタステリドの継続使用は確実に必要になりますのでその分のランニングコストは考慮してください。

 

しかし効果があるかどうかわからない育毛剤に毎月1万近く払うよりも確実に効果の出る自毛植毛を選択することは中長期的に見たら最適解の一つであることは間違いありません。

 

またフィナステリドやミノキシジルタブレットなどは個人輸入でも入手することができ、その場合の費用は非常に安く入手ができます。ただし、安全面などは完全に自己責任となるのでその点を考慮した上で、クリニックで処方してもらうか、個人輸入サイトで購入するかはよく考えて決めてください。

 

私は1度クリニックで処方してもらってしばらくしてから、個人輸入サイトに切り替えましたが安全面で不安がある方にとってはクリニックに通ってしっかりとした薬をもらい、医師の指導のもと服薬をすることをおすすめします。

 

その場合は湘南美容クリニックの治療は業界でも非常に安いのでおすすめできます。

 

⇒湘南美容クリニックの無料カウンセリング