こんにちはwakahageです。

 

今回はミノキシジルとはそもそもなんぞや?という方にも分かるようにミノキシジルの効果、メリット、デメリット、入手方法などを全てまとめてみました。

 

植毛を考えていても、植毛をする前からミノキシジルを使うのが薄毛治療の基本です。プロペシアと並んで最優先で使用を検討するべき薬ですので、ここでしっかり学んでくださいね。

ミノキシジルとは

そもそも「ミノキシジル」とはというところから説明させてもらいます。

 

ミノキシジルとはそもそも血管拡張作用のある薬として開発された薬で、副作用として全身の多毛症が出ることから発毛剤として転用され開発された、発毛薬です。

現在国内では有名な「リアップシリーズ」がこれに該当しています。

育毛剤とは違い、髪を育てるのではなく、髪を増やす効果が明確にあることから日本皮膚科学会の出しているAGAガイドラインでもプロペシア(フィナステリド)と並んでA評価をもらっており明確な効果がある薬です。

 

また、海外でも「ロゲイン」「ロニテン」などの名称の薬が販売されていて、国際的にも認められてる正にグローバルスタンダードの治療薬です。

 

これが市販の育毛剤と大きく違うところです。

 

ミノキシジルにはまた内服薬と外用薬があり、上記の日本皮膚科学会の出しているAGA診療ガイドラインでは下記のように大きく評価が分かれています。

 

ミノキシジル外用薬 A評価(強くおすすめする)

ミノキシジル内服薬 D評価(行うことをすすめない)

 

なぜこんなことになっているのかというのを説明するのと同時に、それぞれについて説明していきます。

 

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬とは、日本では「リアップシリーズ」が発売されていますね。

 

また愛称としては塗りミノと呼ばれることもあります。

 

ドラックストアにいけば普通に売っていますが、一般医薬品なので、薬剤師を通して買う必要があります。といってもアマゾンや楽天、Yahooショッピングでも購入することができます。

 

外用薬なので、使い方としてはスポイトを用いて使用します。

その際に直接頭皮につけることで体の外側からミノキシジルの成分を取り込むことで患部から髪の毛を生やしていく効果が明確にあるものです。

 

ただ、1本当たり6,000円以上するのでなかなか高額な負担となります。リスクを承知の上であれば個人輸入の海外の外用薬を使えば、1本あたり1,000円程度まで落とすことができるので、金銭的に厳しい場合には海外製のものも視野に入れておきたいところです。

 

また近年ではAGAクリニックも多数あり、CM等でご存じの方も多いと思いますが、AGAクリニックでもクリニック独自の商品では必ずミノキシジルが含まれています。

 

市販の育毛剤と違い明確なエビデンスに沿って効果があるのが明白だからですね。

 

ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服薬は外用薬と違い、厚生労働省では未認可の薬となります。

外用薬の愛称が塗りミノというのに対して内服薬はタブレットになっていることから、「ミノタブ」というように呼ばれることも多いです。

 

また、ミノキシジル外用薬と違いミノキシジル内服薬はAGAガイドラインでD評価という使ってはいけない薬という判定でした。

 

ミノキシジル内服薬がD評価である理由

 

ミノキシジル内服薬がAGA治療ガイドラインではD評価となっていますが、その中身をよく読んでみてください。

原文をそのまま載せておきます。

ポイントをまとめると

  • 未認可の薬を皮膚科学会がすすめるわけにいかない
  • 重篤な副作用があると言われている
  • 多毛症以外の副作用の報告はほとんどない

 

正直な話、どこの国でも未認可の薬ですが、発毛薬よりより効果的なのは内服薬であり、グローバルスタンダードの治療薬であります。

 

そのため多くのクリニックで独自の配合の内服薬が処方されています。

私自身もそうですが、外用薬よりも圧倒的に内服薬の方が効果を感じております。

 

ミノキシジル内服薬はどこで入手する

もともとは血管拡張作用のある薬であることを考えたりすると副作用などの心配があれば医師の処方の元で行った方が何かあったときは安心ですね。

特に以下に該当するような方は注意してください

  • 高血圧
  • 心臓系の疾患持ち
  • 不整脈など

 

私の場合は医師に処方してもらって、3か月ほど経過して大丈夫だなと判断したタイミングで個人輸入に切り替えました。

 

個人輸入のメリットとしては圧倒的に安いことです。

 

ただし、あくまで何が起きても自己責任なので、心配な方や不安が少しでもある場合には必ずAGAの治療を行っているクリニックに行って、医師の指導のもと処方してもらうことをおすすめしております。

 

まとめると

・個人輸入サイトで購入する(トラブルがあったという話は一度も聞いていません)

・AGAクリニックで処方してもらう

 

この二つのどちらかですね。それぞれのメリットデメリットは述べたように

個人輸入の場合は価格が圧倒的に安いこと

AGAクリニックの場合は安心、安全が買えること

 

個人的には最初はAGAの治療を行っているクリニックへいき、慣れてきたら個人輸入を検討すればいいと思います。

 

ミノキシジルの副作用とは

 

ミノキシジル外用薬の報告されている副作用をざっと挙げておきます。

・フケ

・痒み

・皮膚の炎症

 

対してミノキシジル内服薬での副作用は

・多毛症

・低血圧

・循環器系の疾患

などが報告されています。

 

報告といっても、内服薬が原因で死んだというニュースは聞いたこともありませんし、エビデンスもありません。

 

重要なのは副作用の報告がない薬など存在しないということです

 

ミノキシジルを使うにあたってフィナステリドもそうですが、副作用を恐れるあまりなかなか使用に踏み切れない人が多くいますが、そこらへんの風邪薬でもなんでも副作用は必ず謳われてますからね。

 

私自身は動悸や息切れなど感じたこともありませんし、まったく副作用は感じていません。恐らくほとんどの方が副作用は感じないんじゃないでしょうか?

 

リアップでは痒みや皮膚関係の副作用は報告されていますが、循環器系の副作用は1件も報告が上がってきていません。

 

というかシンプルに副作用がどうしたこうしたとかの前に、このハゲ散らかした頭をこのままにしておく方がよっぽど恐怖です。

 

よほど恐怖がある方はミノキシジルを少量2.5mg(※5mgが主流)から始めるか、医師に相談しながら行いましょう。始めるのは早ければ早いほどいいです。

 

フィナステリド、デュタステリドとの併用が一般

ミノキシジルは一般的に発毛薬と言われ、AGAで弱った髪を増やす効果がありますが、残念ながらAGAを止める効果はありません。

 

画像のようにフィナステリドもしくはデュタステリドとの併用が一般的です。

詳しくはフィナステリド、デュタステリドの記事で解説しますが、これらの薬と併用しないとミノキシジルで発毛をしても、AGAがどんどん進んでしまうので効果が薄れてしまいます。

 

AGA治療の基本はミノフィナもしくはミノデュタで髪を現状維持以上にしていくことです。生え際などでもう死んでいる毛が多い場合には植毛というのも選択肢に入ってきます。

 

育毛剤や育毛シャンプーはあくまで、頭皮環境を整えるものであり、髪を増やす効果は現状ではほぼ無いといっていいと思います。

 

ミノキシジルは生え際には効果が低い

またこれは植毛医とのカウンセリングやAGAクリニックのカウンセリングでも聞いた話ですが、頭頂部には非常に効果的なミノキシジルですが、生え際には効果が薄いとのことです。

 

現状では何故なのか正確には分かっていないものの、生え際の場合は真っ先にAGAになったときに薄くなりやすいので既に毛根が死んでいる可能性が高いからだと思われます。

 

とはいえ、ミノタブ+フィナステリドもしくはデュタステリドは基本中の基本であり、全ハゲになるのを避けるためにも必ず服用しましょう。

IPS細胞による再生医療が出来るまでの間では唯一のAGAへの対抗手段でもあり、大多数の人間は現状維持以上はできるのが多くの報告で分かっていますので

 

生え際が復活しない場合の最後の手段として植毛もあります

私の場合も例にもれずに、頭頂部は結構しっかりしてきたんですが、前頭部の特に生え際のあたりは一向に回復できませんでした。

 

現状維持できているだけでもいいんですが、若ハゲというので死にたくなる思いでした。そんな中、自毛植毛手術というのがあることに気づきました。

 

今まででは、「さすがに植毛っていうのは」とか勝手に思ったりしていましたが調べれば調べるほど、植毛の凄さを知れ、様々なところへカウンセリングへ行き、植毛手術を行いました。

 

フィナステリドがでたのは1997年って考えるといい時代になったなとつくづく思います。

今生きている我々はAGAに対する有効な手段があるのですから。

もし私が1960年生まれとかであれば、選択肢がカツラや怪しげな育毛剤にすがって生きるしかなかったのですから。

 

ミノキシジルは1日1回の服用が基本

ミノキシジルタブレットにしろミノキシジル外用薬(リアップなど)にしろ1日1回の服用が基本です。

ミノキシジルタブレットの場合は基本的に毎日同じ時間に服用すれば何時に服用しても問題ありません。髪の毛が成長する時間を考慮すると夜に飲むのがいいという説もありますが、まだ仮説の域を出てません。

ミノキシジル外用薬はべたつき等を考えると朝使うのがベストだと思います。

 

ミノキシジルタブレットは5mgが基本

ミノキシジルタブレットは1mg、2mg、5mg、10mgと種類が豊富にありますが、このうちの基本は5mgになります。

 

10mg飲んだからと言って効果が高くなるというデータはありませんが副作用はより起きやすくなると言えるでしょう。まずは5mgで試して、その後副作用の有無で増減していくことがおすすめです。

また副作用の心配を考えるようであれば医師のいるクリニックへまず行くことをおすすめします。

 

まとめ

 

ミノキシジル外用薬

 

・リアップなど

・値段は6,000円以上

・薬局で買える

・副作用はふけやかゆみが主なもの

・効果としては内服薬より限定的

 

ミノキシジル内服薬

・国内ではクリニックで処方してもらうか個人輸入

・副作用は全身の多毛症や循環器系の副作用

・値段は個人輸入なら月数百円程度、クリニックだと6,000円以上が相場

・圧倒的な発毛効果を感じられる

・副作用は私は何も感じていない

 

両者に共通

・フィナステリドかデュタステリドとの併用しないと効果が薄い

・AGAに対する防御する効果はない

・現状では唯一の発毛効果が明確になっている薬

 

こんな感じでしょうか。

私の場合で言うとミノタブとフィナステリド(プロペシア)を個人輸入+自毛植毛で生え際を復活させている最中です。

 

個人輸入で買うならオオサカ堂がおすすめです。

最大手サイトで今まで問題というのは一度も起きたことなく必ず最安値で購入できます。個人輸入であればここでプロペシアとミノタブセットを購入するのが最安です。

おすすめのAGAクリニックは首都圏であればヨコ美クリニックがおすすめです。

ここは院長の今川先生が人間的にも非常に信頼できますし、カウンセリングにも実際にいってみたことがありますが、まったく売り込みがないです。

 

今川先生も植毛されていることもあって、本当に悩んでいる我々のような人間の力になってくれます。

ミノキシジルとフィナステリドの値段も個人輸入と比べると高いものの、他のクリニックとは比較にならないくらい安いです。(ここより安いところがあったら教えてほしいです)

 

植毛以外の治療だけでも可能なので、少しでも迷いがあるようなら今川先生に見てもらうことをおすすめしております。