こんにちはwakahageです。

 

福岡院で受けた自毛植毛翌日の記録になります。

 

前回は⇒植毛当日の記録

 

この日の大まかな流れとしては

 

AGAクリニックで洗髪

インクリーズヘアで後頭部にヘアシートの取り付け

ラーメン食べる

新幹線に乗って帰宅

 

こんな流れの一日で、予定通り過ごせた一日です。

一つずつ流れを追っていきます。

 

AGAクリニックで洗髪

 

この日はゆっくりで朝10時に洗髪してもらう予定と後頭部の包帯の取り外しも兼ねて行って頂けることになっていました。

そのため、朝ごはんはホテルの部屋でコンビニで買ったパンを食べてから、ニット帽を被り、博多駅から天神へ向かいました。

ちなみに前日に念のためもらった包帯と枕カバーですが、幸いなことに傷跡から血が出ることもなく、一切使いませんでした。

 

 

AGAクリニックについて、受付をするとすぐに担当看護師さんのところへ案内してもらい、洗髪を綺麗にしてくれました。自分で行うのにはかなり不安があったので、ここで洗髪をしてくれるのは非常にありがたかったです。

 

とても気持ち良く洗髪をしてくれ、現状では見たところ順調とのことでした。

 

洗髪中にも「何か不安があれば聞いてくださいね」と声をかけてもらいましたが、傷跡の痛みとかも一切ないので特段質問はしませんでした。ですが、こういった声かけを常にしてくれるので非常に対応の良いクリニックだと感じました。

 

洗髪が終わったあとに最後に看護師さんと長井先生にご挨拶をさせていただき、AGAクリニックを後にしました。

 

 

包帯を外した後の後頭部の写真です。

結構異形な姿ですよね。笑

 

これは博多駅前のトイレで撮った写真だったかと思います。

ちなみにもう少し髪を伸ばしておけば、刈り上げる場所をうまく調整して髪だけで隠せるようにもできるみたいです。

 

私の場合はあらかじめ、ヘアシートを使いたい旨を伝えておいたので、ヘアシートを付けやすいような形で刈り上げてもらいました。

 

インクリーズヘアー博多店にいく

天神から博多駅に戻り、予めクリニックさん経由で予約をしておいてくれたインクリーズヘアーに向かいます。

ここはかつらや薄毛のカットなどの専門店らしく、東京や新横浜などにも店舗を構えているらしく、AGAクリニックと提携しているところみたいなので安心です。

 

中に入ると普通の美容師さんのような50代くらいの女性の方が対応してくれました。

 

取り付けるのにジェルみたいなのを使い、後頭部にうまいこと取り付けてくれましたが、これが「凄い」の一言です。

 

ヘアシートって所謂カツラということだと思うんですが、今のカツラはここまで進化しているのかとびっくりしました。触ったくらいではわからないですし、取り外しも自分では一切できないようになっているのでまったくわかりません。

 

 

これは自宅へ帰ってから撮った写真ですね。

引っ張っても何してもまったく取れません。

 

一応、自毛植毛をするということを母親だけには告げていたので見てもらいましたが、まったく分からないとのことで安心しました。

 

 

ちなみに父親には一切告げずにやっていたのですが、未だにばれていません。

 

ちなみに取り外しは同じインクリーズヘアーさんの東京のお店でやってもらうことになり、インクリーズヘアー博多店さんの方で事前にご連絡をしてくださり、名刺まで頂きました。

 

植毛や薄毛関係の業界の方は親切なところが多いんでしょうか。めちゃくちゃ助かりました。

 

 

ラーメン食べて帰宅

 

初日に食べた一幸舎のラーメンが非常に美味しかったのと、帰りの新幹線まで多少時間があったのでまた食べに行ってきました。

 

なかなか東京界隈でここまで美味しいとんこつラーメンを食べれる機会が少ないのが残念なほどに美味しいです。

 

旅行気分でよりおいしく感じたというのも多分にあるとは思いますが、博多へ行ったら是非おすすめしたいラーメン店です。

 

食べて満足し、家族や職場へのお土産を買って新幹線で無事帰宅しました。

 

 

帰宅後、母親に見てもらいましたがよく見ないと既にわからないと言われ、一安心です。