こんにちはwakahageです。

 

今回はそもそも自毛植毛とはなんだ?というところからの基礎知識から、絶対にやってはいけない「人工植毛」との違いなどを徹底的に解説していきます。

 

そもそも植毛とは

そもそも論ですが、植毛とは何かというと、失われた既存毛(抜けた毛)の部分に外的手術で物理的に毛を植えて生やすことをを言います。

 

薬物治療や育毛剤などとは違い、物理的に生やすので明確な効果がでます。その植毛の中でも2種類あり、「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類があります。

ではそれぞれについて解説していきます。

自毛植毛とは

植毛 当日

自毛植毛とはその字のとおり、失った既存毛の部分に、自分の後頭部の髪を外科的手術でもってくることをいい、現在の主流の植毛方法になります。

 

自毛植毛のメリット

 

自毛植毛には大きなメリットがあります。

 

  • 植えた後はメンテナンスフリーで生え続ける
  • 植えた毛はAGAにならない
  • 自分の毛なので拒否反応が出ない
  • カツラや人工毛と違いバレる心配が少ない

 

これらは大きなメリットです。

一つずつ解説していきます。

 

植えた毛はメンテナンスフリーで生え続ける

これは非常に大きなメリットです。

 

メンテナンスフリーというのは労力的な意味と経済的な意味合いがありますが、どちらもです。カツラや人工植毛は半永久的なメンテナンスが必要なため、労力も多分にかかるのと同時にそれ以上に経済的にも維持費が相当かかります。

 

自毛植毛は一時的には多額の金銭が必要となりますが、その後生え続けることを考えたら、むしろ安い治療方法になっていると言えます。

 

植毛した毛はAGAにはならない

自毛植毛した毛は生涯AGAになることはありません。これは髪の毛の持つ性質として毛根単位でAGAの影響を受けるかどうか決まっているため、後頭部から前頭部に移し替えてもAGAにはなりません。

サザエさんの波平を想像すると分かりやすいかもしれません。どんなに禿げた人でも、後頭部残っているというのはよく見かける姿ではないでしょうか。

 

それと同じで後頭部はもともとAGAにならない部分なので、そこの毛を前頭部に持ってくることで「生涯AGAにならない毛」を手に入れることができます。

 

ただし、既存毛の維持のために薬物治療などは基本は必要になります。

 

自分の毛なので拒否反応が出ない

これも当たり前なんですが、もともと生えてた毛を植えるだけなので、拒否反応がでないというのは大きなメリットです。

人工植毛は体内から見れば異物になるので、拒否反応で皮膚が炎症したりすることが多々見られます。

それがないというのは大きなメリットではないでしょうか。

カツラや人工毛と違いバレる心配が少ない

カツラや人工毛植毛はバレル心配がずっと残ります。自分の髪の毛ではないので触られたり風が吹いたりしたらと心配が常に残ります。

その点自毛植毛ではバレる心配が一時的なものです。術後1週間を乗り切れればほとんどバレることはないと思います。ほとんどの方がバレずに社会復帰できており、ばれたという話は聞いたことがありません。

 

一時的なリスクでバレずに生やせるというのはかつらや人工毛植毛と違う点ですので非常にありがたいことですね。

 

自毛植毛のデメリット

もちろん自毛植毛にもいくつもデメリットはあります。

主なものは下記のようなものになります。

 

  1. 傷跡が残る
  2. 下手な医師にあたると取り返しがつかなくなることも
  3. 手術後隠しづらい
  4. 移植できる毛の数に限界がある

 

だいたいこんなものですが、それぞれ大きなデメリットです。

 

傷跡が残る

 

参照SPJ

 

これは人工植毛と違って、後頭部から移植するため、後頭部に傷跡がどうしてもできてしまいます。短髪にしない方ならば、影響は少ないですが、短髪好きな方にとっては結構大きなデメリットになります。

 

ここらへんはFUT、FUEのメリット、デメリットで詳しく書いてます。

 

下手な医師にあたるととりかえしがつかないことになる。

 

これは下手な医師に当たった場合であって、自毛植毛だけのデメリットではないのですが、どうしても後頭部から髪の毛を取るということで、下手に医師に当たると、スカスカになったりしてしまう危険性があります。

 

また、スカスカになった場合にはもうもとに戻すことはできないので、重大なデメリットです。ですので自毛植毛はしっかりとカウンセリングを受けて正しいクリニック選びをする必要があります。

 

 

手術後隠しづらい

外科的な手術になるので、手術後一定期間は隠し通しづらいです。

といっても仕事は3~4日休めれば十分ではあるのですが、前髪は伸ばしておく必要があります。

 

私の例でいうと手術後4日目はこんな感じです。

 

これくらいになると目立たないのでほとんど心配はありません。

詳しく見たい方は手術後4日目のFUEの体験を見てください。

 

最初の1週間を凌げれば絶対にばれないだろうという感じですので、多く休めない方は隠し方としてふりかけも使えばまず大丈夫です。

 

移植できる髪の毛の数に制限がある

当たり前なんですが、後頭部から採取した髪の毛をもってくる以上、持ってこれる数には限界があります。それを超えて移植すると今度は後頭部かスカスカになってしまうので。

 

ですので、全ハゲ状態の人がふさふさになるのは難しいというのが、植毛の現状です。それでも全ハゲでも薄毛くらいにすることは可能だと思いますので、自分がどれくらいの移植ができるのかは医師と要相談する必要があります。

 

人工植毛とは

自毛植毛については上記でだいたい説明させてもらいましたので、自毛植毛に対して人工植毛とはどういったものなのかということを説明させてもらいます。

 

人工植毛もその字のとおり、自毛植毛が自分の髪の毛を使うのに対して、人工植毛はポリエステルやナイロンを加工して作った人工毛を前頭部に植えることで、髪の毛をふさふさにする手術です。

 

ただ、この人工植毛というのは大きな被害者をたくさん出した方法になるので現状では絶対におすすめしない手術になります。

 

人工植毛のメリット

人工植毛のメリットは

 

  • 移植する髪の毛の数に制限がない
  • 後頭部から移植しないので傷がつかない

人工植毛のメリットは自毛植毛にあるデメリットでもあるので、非常に大きなメリットですね。

 

これについて説明していきます。

 

移植する髪の毛の数に制限がない

 

これは非常に大きなメリットだと思います。自毛植毛では復活しきることが難しい髪の毛も人工毛ならば可能かもしれません。

何故ならば自毛植毛は後頭部の髪の毛の数というの対して人工毛は作れば作るだけあるので、数には実質制限がないと思って大丈夫です。

 

ただ植え込みがあるので一度の手術では植えれる範囲には制限はありますのでそこは医師と要確認する必要があります。

 

後頭部から移植しないので傷跡がつかない

FUE 後頭部

これも大きなメリットですね。自毛植毛の場合はこれを巡ってFUT法、FUE法の二大流派ができるほど気になる問題ですので、傷後がないというのはメリットです。

 

当然後頭部に傷跡がつかないので、短髪にすることも叶います。

 

人工植毛のデメリット

大きなメリットを先にあげておきながらなんなんですが、この人工植毛というのは大きなメリットがある以上にデメリットの方が大きすぎて、現状では全くおすすめできない手術になっております。

 

何故おすすめできないのかということを順を追って説明させていただきます。

 

移植部に厳しい傷跡が将来的にできる可能性が高い

人工毛を移植するわけですので、拒絶反応がでる可能性が高いという問題が未だに避けられていません。

体内としては異物であるという認識をするため、拒絶反応によって体から追い出そうという力が働き、後々皮膚の炎症などが問題になるケースが後を絶ちません。

 

移植した毛は伸びてこない

これも当然なんですが、自毛ではなく人工毛なので、自毛植毛と違って、髪の毛が伸びません。ですので、他の髪の毛が伸びると不自然になってしまいます。

また髪の毛がいつまでも伸びないというは明らかに不自然なのでばれ易いといえるでしょう。

 

一度抜けたら終わり

 

毛根ごと移植する自毛植毛と違って、うっかり抜けてしまえばそれ以降は人工毛は生えてきません。

 

ですので生涯にわたって植え続ける必要があるので、経済的にも肉体的にも労力的にも全てにおいて負担が常にかかってきます。

 

これは本当に大きなデメリットといえますので、よく注意してください。

 

ちなみに日本皮膚科学会の出しているAGA診療ガイドラインでもD評価という「行ってはいけない」治療にあたります。

 

まとめ

自毛植毛と人工毛植毛の比較みたいになりましたがいかがでしたでしょうか?

 

自毛植毛はデメリットも大きいですが、それ以上に圧倒的にメリットの方が大きいというのが、世界的な風潮ですがその通りだと思います。

 

傷跡と言っても坊主にしない限り分からないレベルでしかないので、ハゲでいることの方がデメリットですね。

 

それに対して、人工毛植毛は安全性に大きな問題があるのと、コスト的にも非常に大きな負担になり続けます。

 

IPS細胞で毛根ごと増やすことができるかどうかの実験が期待されているのもこういった人工毛は未完成であり、移植反応がでるという背景があります。

 

もしIPS細胞ができて、自毛を体外で増やすことができるようになったら、自毛植毛、人工植毛のそれぞれのメリットだけの植毛ができるようになるかもしれませんね。

 

 

ただ、こういった研究は遅れるのが常なので、それを待ち続けるのは人生の時間を無駄にしてしまうので私はおすすめしていません。

 

人生は二度と訪れないのですから、若ハゲならば受け入れるか早期の改善に取り組むかどちらかをするべきだと考えています。早期の改善であればミノキシジル、フィナステリドを服用しながらそれでも改善しない場合は一刻も早く自毛植毛を検討するべきだと思います。

 

以上の考えから私は植毛治療をしましたが、今のところは本当にしてよかったと思っています。

 

⇒植毛クリニック選びの5つのポイント

⇒自毛植毛の費用を徹底比較。9つのクリニックを比較しました。